『社会と調査』第22号

特集

社会調査に携わる人のためのビッグデータ入門

一般社団法人社会調査協会では、機関誌『社会と調査』を発行しています

『社会と調査』の投稿締め切りは、2月末と8月末です。
『社会と調査』の投稿規程はこちら

社会と調査のご購入は、書店・Amazonで。
また、こちら(京都通信社)でもご注文になれます(バックナンバーも購入可能)。
※社会調査協会では、販売しておりません。

巻 頭 言

「ビッグデータ」と「民主主義」
吉野諒三 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設・社会データ構造化センター
センター長(統計数理研究所 教授 兼任)

特集:社会調査に携わる人のためのビッグデータ入門

論文 1. ビッグデータと社会調査
特集「社会調査に携わる人のためのビッグデータ入門」について

神林博史
論文 2. ビッグデータとは何か
笹原和俊
論文 3. 社会学におけるビッグデータ分析の可能性
瀧川裕貴
論文 4. データジャーナリズムの歩みと可能性
奥山晶二郎
論文 5. ビッグデータによって変わる未来の公的統計
水野貴之
論文 6. ビッグデータ分析の実践にむけて
榊 剛史

特別寄稿

ヨーロッパおよびドイツにおけるデータ保護規制のもとでの
科学的研究のための個人データの処理

Wolfgang Jagodzinski 真鍋一史 訳

Refereed Paper

消費・文化としての嗜好品摂取
橋爪裕人

Research Report

社会調査実習におけるアクションリサーチの成果と課題
島根県立大学の子育て支援調査から
齋藤曉子

調査の現場から

デモグラフィック要因だけでは分析できないシニアにおけるICT利活用の特性
水野一成

調査実習の事例報告

朝鮮学校の教育に学ぶ
伊地知紀子
飯能市における地域活性化に向けた取り組みに関する調査
東洋大学社会学部における2016年度「社会調査および実習」事例報告

小山弘美

働く社会調査士

嗜好品という新たな分野を開拓する社会調査
橋爪裕人
システムサービスを通して社会に新しい価値を提供する
越前貴史

Commentary

コウホート分析の古今
一般化線形混合モデルとしてのコウホートモデル

中村 隆

書 評

石田 浩 監修・編『教育とキャリア──格差の連鎖と若者 1
石田 浩 監修 佐藤 香 編『ライフデザインと希望──格差の連鎖と若者 3
筒井淳也
杉野 勇『入門・社会統計学──2ステップで基礎から[Rで]学ぶ
大久保街亜
乾 彰夫・本田由紀・中村高康 編
『危機のなかの若者たち──教育とキャリアに関する5年間の追跡調査』

宮本みち子
渡辺拓也 著『飯場へ──暮らしと仕事を記録する
佐藤郁哉
マーカス・バンクス 著 石黒広昭 監訳
『質的研究におけるビジュアルデータの使用──SAGE質的研究キット5

山中速人

Column 調査の達人

内藤莞爾
村落調査から末子相続研究へ 

三浦典子
エミール・デュルケーム
二次的資料による社会学の構築

江頭大蔵

Column 世界の調査/日本の調査

Future of Education and Skills 2030
OECDが提案する2030年の教育

浅原寛子
子どもの生活と学びに関する親子調査
Japanese Longitudinal Study of Children and Parents(JLSCP)

木村治生

Column 社会調査のあれこれ

自記式調査か,他記式調査か
高齢者「生きがい」調査からの研究ノート

山本 努
フィールドワーカーとしての学生
藤井和佐

私の3冊

フィールドワークのひろやかな視界
かたよらず,こだわらず,とらわれず

谷 富夫

著者が語る社会調査テキスト

『質的調査法を学ぶ人のために』
古賀正義

2018年度 社会調査協会賞 受賞のことば

社会調査協会賞について
石田 浩

優秀研究活動賞
堀 有喜衣

『社会と調査』賞
高田佳輔 / 江口達也