『社会と調査』26号

特集

企業組織を調査する

一般社団法人社会調査協会では、機関誌『社会と調査』を発行しています

『社会と調査』の投稿締め切りは、2月末と8月末です。
『社会と調査』の投稿規定はこちら

社会と調査のご購入は、書店・Amazonで。
また、こちら(京都通信社)でもご注文になれます(バックナンバーも購入可能)。
※社会調査協会では、販売しておりません。

巻 頭 言

集計結果が分かれば良いのか
手集計を手掛かりに考える

海野道郎 東北大学 名誉教授

特集:企業組織を調査する

論文 1. 働き方の問い方・とらえ方
企業組織調査のポイント

池田心豪
論文 2. 企業組織の制度と実態
企業インタビュー調査を中心に

佐藤 厚
論文 3. 企業組織の歴史を聞き取る
オーラルヒストリーで描く職場

山下 充
論文 4. 学校研究における組織エスノグラフィーの現在
鈴木雅博
論文 5. 企業組織の国際比較における方法
人事管理・労使関係の事例研究を中心に

佐野嘉秀
論文 6. 企業・従業員マッチングデータで何ができるのか
高橋康二

Refereed Paper

オンライン実施は討論型世論調査の代表性を改善するのか?
浜岡原発再稼働と地元合意をテーマとしたミニパブリスク型熟議実験の結果から

辰巳智行・中澤高師
パネルデータにおける回答者の脱落要因
幸福な人ほど脱落するか?

畑農鋭矢・竹下 諒

Research Report

実家や集落との関わりに対する「他出子」本人の意識
浜松市天竜区佐久間町の調査から

船戸修一
回答者視点からみた社会調査
調査の有効性と懸念および協力しやすさに着目して

小松 洋・阿部晃士・篠木幹子

調査の現場から

NHKの学校・教師を対象とする調査
宇治橋祐之

働く社会調査士

調査データから生活者の事態を理解する
志水裕美
テレビ局と社会調査士
森 雅人

Commentary

質的研究とSCATについて
大谷 尚

Column 調査の達人

岩井弘融
裏社会を開拓した孤高の旅人

田中智仁
W・E・B・デュボイス
辻 正二

Column 世界の調査/日本の調査

The National Survey of Family Growth(NSFG)
家族研究における有用性

石井クンツ昌子
出生動向基本調査
岩澤美帆

Column 社会調査のあれこれ

コロナ禍にあっても揺るがないこと
前田忠彦
リサーチ・ヘリテージとしての森岡清美調査資料群
小林多寿子

私の3冊

混沌の時代に
社会と調査の歴史的名作品によって

松原 望

著者が語る社会調査テキスト

『インタビュの社会学――ライフストーリーの聞き方』
二つのフィールドワークの経験をもとに

桜井 厚

書 評

梅崎 修・池田心豪・藤本 真編著
『労働・職場調査ガイドブック――多様な手法で探索する働く人たちの世界』

西村幸満

西岡八郎・江崎雄治・小池司朗・山内昌和編
『地域社会の将来人口――地域人口推計の基礎から応用まで』

原 俊彦

多喜弘文著
『学校教育と不平等の比較社会学』

飯田浩之

安井翔太著,ホクソエム監修
『効果検証入門――正しい比較のための因果推論/計量経済学の基礎』

尾崎幸謙

2020年度 社会調査協会賞 受賞のことば

社会調査協会賞について
石田 浩

優秀研究活動賞
田辺俊介

『社会と調査』賞
作田誠一郎 / 土屋 敦