専門社会調査士取得希望者のための
2021年度S1科目講習会をオンラインにて開催します

専門社会調査士(正規)の資格取得には、社会調査士資格を得ていることが前提となりますが、社会調査士資格がない場合でも資格の取得が可能になるよう、社会調査協会では、専門社会調査士(正規)の資格取得をめざす大学院生に向けて、S1科目とS2科目の講習会を開催しています。

S1科目は、社会調査士科目のA、B、およびC科目に対応し、S2科目は、D、E科目に対応しています。

この講習会を利用して条件を満たせば、専門社会調査士(正規)と社会調査士の資格を同時申請することができます。

なお、S1科目とS2科目の講習会は大学院生だけに限定したものではありません。社会調査に関連する知識や技能の向上をめざす大学院生以外の方の受講も歓迎します。とくに※申請区分(2)で申請される方が専門社会調査士(8条規定)取得をめざされる際には、評価項目の一つにカウントされます。

※申請区分(2)については協会HPより専門社会調査士(8条規定)申請方法・手順の説明をご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしています。

※ポスターの画像クリックでpdf版ポスターがDLできます

追加募集の受付は締め切りました

たくさんのお申し込みまことにありがとうございました。

2021年度S1科目講習会開催要領

  • 開講期間:2022年2月14日(月)~3月14日(月)
  • 開講方法: ZOOMによるオンライン授業 + 動画でのオンデマンド講義
  • 開講科目:S1科目(A、B、C科目に対応)

担当講師および講習会スケジュール

日程 内容 Zoom担当者
  • 2/14(月) 10:30~
  • 2/14(月)~3/11(金)
  • 開講挨拶・受講方法の説明(45分)【Zoom】
  • オンデマンド講義の視聴期間
  • 脇田先生
  • 2/21(月) 10:30~
  • 2/24(木)
  • 質問回答15分 + 質問回答30分 + 課題解答30分(45分)【Zoom】
  • ※脇田先生、伊藤先生、の課題提出締切
  • 脇田先生
  • 伊藤先生
  • 2/28(月)10:30~
  • 3/3(木)
  • 講義(90分)+ 講義(90分)+ 質問回答(45分)【Zoom】
  • ※土屋先生の課題提出締切
  • 土屋先生
  • 3/7(月)10:30~
  • 3/10(木)
  • 質問回答(45分)【Zoom】
  • ※金井先生の課題提出締切
  • 金井先生
  • 3/14(月)10:30~
  • 3/17(木)
  • 質問回答(45分)【Zoom】
  • ※金澤先生の課題提出締切
  • 金澤先生
  • ※Zoomの開始時間は各日(2/14、2/21、2/28、3/7、3/14)の10時30分です。
  • ※受講内容に関する4回の小課題の提出を求めます(各2/24、3/3、3/10、3/17締切)。
Part Ⅰ
脇田 彩 先生(お茶の水女子大学)
  • ① オリエンテーション・社会調査の意義と役割
  • ② 社会調査の歴史と調査倫理
  • ③ 社会調査の種類と実例
伊藤智樹 先生(富山大学)
  • ④ 質的調査の概要:事例研究・フィールドワークへの招待
  • ⑤ 質的調査の方法と実際:フィールドワーク・インタヴューの進め方
Part Ⅱ
土屋隆裕 先生(横浜市立大学)
  • ⑥量的調査の企画・設計
  • ⑦量的調査の実施方法
  • ⑧質問文・選択肢の作り方と調査票の設計
  • ⑨サンプリングの考え方
  • ⑩サンプリングの実際
Part Ⅲ
金井雅之 先生(専修大学)
  • ⑪ 調査データの整理
  • ⑫ 単純集計・度数分布とデータ・クリーニング
  • ⑬ 分布の読み方
  • ⑭ 代表値と散布度
  • ⑮ 推定の考え方
Part Ⅳ
金澤悠介 先生(立命館大学)
  • ⑯ クロス集計表の読み方・作り方
  • ⑰ カイ二乗検定と連関の指標
  • ⑱ クロス表のエラボレイション
  • ⑲ 相関関係と因果関係
  • ⑳ 調査・分析結果の読み方・まとめ方
※S1科目講習会は社会調査士科目

【 A 】 社会調査の基本的事項に関する科目
【 B 】 調査設計と実施方法に関する科目
【 C 】 基本的な資料とデータの分析に関する科目についての集中講義となります

社会調査士カリキュラム一覧はこちら>>>

  • ※推奨環境:オンデマンド講義は10インチ以上の画面での視聴をお奨めします。
テキスト:オンライン講義のため、テキストは電子ファイル(PDF)で配布します。各自で必要に応じて印刷してください。
受講費用:大学院生 22,000円

社会人 44,000円

(消費税含む。いずれも、S1科目だけの受講費用)

募集人数: 70名

※定員を超える応募があった場合は、抽選となります。定員に満たなかった場合は、募集を一定期間延長し(HPで通知)、先着順で申込を受付ます。

応募資格: 大学院生・社会人(学部の学生は、応募できません。)

募集期間: 2022年1月7日(金)午前10時~1月12日(水)午後5時

追加募集の受付は締め切りました

追加募集受付開始日時: 1月20日(木)午前7時~1月24日(月)午後5時
※メールでの先着順です。定員になり次第終了となります。

申込方法:受講申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記アドレスの協会事務局へ添付ファイルで送って下さい。

  • 協会で申込書を受領したら、受付番号と受講費用の支払い方法をメールでお知らせします。
  • 協会からのメールが届いたら、期日までに受講費用を郵便振替でご入金下さい。
  • 協会でご入金が確認できましたら、受講案内をメールでご連絡します。
  • 期日までに受講費用の入金がない場合は、キャンセルされたものと見なしますので、ご注意下さい。

受講申込書の送付先アドレス: seminar@jasr.or.jp


S科目の位置づけ

S科目は、社会調査士の資格を取得していない大学院生が、本科目を履修することによって、専門社会調査士資格(正規)の申請と同時に、社会調査士資格を申請できるようにするために開講するものです。

S科目は、次のS1科目およびS2科目の二つからなっています。

  • (1)S1科目は、社会調査士資格の標準カリキュラムのうち、A、BおよびC科目に対応する。
  • (2)S2科目は、社会調査士資格の標準カリキュラムのうち、DおよびE科目に対応する。
  • 今回開講するのは、このうち、S1科目です。
  • 次回のS2科目講習会は、2023年2月~3月頃に予定しています。
    (※予定は変更する場合があります。)

注:すでに社会調査士資格の標準カリキュラムのうち、A、BおよびC科目を履修した方は、S2科目の受講だけで、社会調査士の同時申請が可能です。

  • 同様に、すでに社会調査士資格の標準カリキュラムのうち、DおよびE科目を履修した方は、S1科目の受講だけで、社会調査士の同時申請が可能です。
    (※社会調査士のみの申請はできません)
  • 講習会スケジュールについて

    講習会名称 開催日 場所
    2021年度
    S1科目講習会
    2022年2月14日~3月14日 オンライン開催
    2022年度
    S2科目講習会
    2023年2月~3月頃(予定) 未定

    ※上記スケジュールは変更になる場合がございます。