一般社団法人 社会調査協会は、社会調査の高度で科学的な水準向上を推進します。
TOPページへ移動

HOME > 講習会とセミナー > S科目講習会受講体験記
S科目講習会
受講体験記
社会調査協会では、
S科目講習会と、アドバンスド社会調査セミナーを開講しています。
S科目講習会を受講した方からのメッセージをご紹介します。
調査研究を「読み解く」/「実践する」リテラシーを養う
澤田 唯人
2016年12月5日UP

私がはじめて「専門社会調査士」資格の取得を意識したのは、修士論文の執筆過程においてでした。当時、博士課程への進学が叶えば、研究テーマに関わる社会調査(具体的には当事者の方へのインタビュー調査)に赴きたいと考えていましたが、必ずしもそのことが資格取得の動機となったわけではありません。むしろ初発の動機は、先行研究との向き合い方をめぐる自身の姿勢の問題に関わっていたように思います。

多くの大学院生が、自らの研究テーマが定まってくると、それに関わる先行研究の検討に取り組み、その過程で量的データを統計的に処理・分析した多くの論文に出会うことになります。私の場合、そうした分析の「中身」を自分がどこまで適切に読み解くことができているのかに不安を抱いていました。(数学が得意でなかった私にとって)提示されている難解な数式やモデルが何を意味しているのか、選択された解析手法がこの研究の中で何をしていることになるのか――わかるところ(問題設定と分析結果)だけを読んでわかった気になって済ましていては、自分はこの論文を読んだことにはならない(そして当たり前のことですが、論文を書いた「人」とも向き合っていない)と思ったのです。

そんなとき、専門社会調査士を取得されていた先輩方が、(大学院が資格制度参加校ではない)私にS科目講習会と他大学院での科目履修を勧めてくださいました。実際、量的調査の講義がメインとなる講習会では、解析ソフトで省略できてしまうプロセスを、手計算でひとつひとつ順を追って理解でき、初学者でも数式の意味や各種解析法が前提とする枠組みを詳しく知ることができました。とはいえ、限られた時間のなかでは調査票の作成やデータ収集の実際といった調査過程のすべての課題に触れることはできません。それでも、目の前にいる先生方に質問や相談ができるという講習会ならではの利点もあり、より実践的な大学院科目に向けての基礎を十分に習得できたと感じています。

資格さえ持っていれば良い調査ができるわけではありません。しかし、先行する調査研究を読み解くためのリテラシーなくして、自らの調査を展開することもできないのだと思います。その意味で、S科目講習会への参加は、「社会調査の世界」へと参与する確かな一歩を踏みださせてくれる場であったと、今インタビュー調査に赴きながら感じています。

澤田 唯人  慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻後期博士課程
受講年度:2012年度S1科目講習会、2014年度S2科目講習会