一般私Bc法人 社会調査協会は、社会調査の高度で科学的な水準向上を推進します。
TOPページへ移動

HOME > 機関誌「社会と調査」最新号 > 「社会と調査」 第3号
「社会と調査」3号
「社会と調査」3号 2009年9月
小特集1
世論調査の現場から
小特集2
質的調査研究の“質”を問い直す
社会と調査のご購入は、書店・Amazonで。
また、こちら(京都通信社)でもご注文になれます(バックナンバーも購入可能)。
※社会調査協会では、販売しておりません。
社会調査協会の新しい責務 社会調査協会副理事長 飽戸 弘
小特集1:世論調査の現場から
arow
PDFアイコン
1.日本の社会調査の特殊性 西平 重喜
2.世論調査の最近の動向 鈴木 督久
3.調査方法の変更について 氏家 豊
4.マスコミの電話世論調査 ―調査手法の変遷とその成果― 谷口哲一郎
小特集2:質的調査研究の“質”を問い直す
arow
PDFアイコン
1. いま,あらためて“声”と向きあう 蘭 由岐子
2. エスノメソドロジー研究のパフォーマンス
  ―質的調査研究の臨床性およびエスノメソドロジーの演劇的異化―
秋葉 昌樹
3. 言説分析は,社会調査の手法たりえるか 赤川 学
日本初の社会調査学科が誕生する 社会調査協会理事 中野 正大
森林―農地―水系に関する関心事調査 松川 太一、吉岡 崇仁、鄭 躍軍
調査会社の抱える課題 安藤奈々恵
調査実習の事例報告
arow
PDFアイコン
地域とのつながりを意識した社会調査教育の試み
―同志社夫学社会学部社会学科での社会調査実習の一例―
河口 充勇
社会調査実習における躊躇と堕落 ―東洋大学社会学部での私の経験から― 西澤 晃彦
自治体との連携のもとでの調査実習 ―安曇野調査実習2005~2007― 村山 研一
沖縄国際大学アジア文化基礎演習の教育実践と社会貢献活動 前田 一舟
若者が若者を語るとき ―千葉大学における社会調査実習― 片桐 雅隆
個人関心テーマによる社会調査実習 ―文教大学情報学部広報学科の事例 八ツ橋武明
働く社会調査士
I.広告も,社会調査も,仮説が大事でした 酒井 英典
II.イチローも気にする視聴率というもの 朝倉 真粧美
Column 調査の達人
arow
PDFアイコン
安田三郎 原 純輔
P.F.ラザースフェルト ―理論と調査との交流― 新 陸人
Column 世界の調査/日本の調査
arow
PDFアイコン
OECD生徒の学習到達度調査(PISA) ―読解力を中心分野とする2009年本調査を実施― 渡辺 良
常磐炭砿閉山離職者のライフコース調査 ―強制的キャリアの中断は何をもたらしたのか― 澤口 恵一
Column 社会調査のあれこれ
arow
PDFアイコン
新しいデータ群の発掘と新しい分析手法の開発 倉沢 進
東京教育大学社会学教室での調査実習 森岡 清美
荒井克弘・倉元直樹編『全国学力調査:日米比較研究』 前川 眞一
北澤毅・古賀正義編『質的調査法を学ぶ人のために』 倉石 一郎