一般私Bc法人 社会調査協会は、社会調査の高度で科学的な水準向上を推進します。
TOPページへ移動

HOME > 機関誌「社会と調査」最新号 > 「社会と調査」創刊号
「社会と調査」創刊号
「社会と調査」創刊号 2008年9月
特集
厳しい状況下における社会調査
社会と調査のご購入は、書店・Amazonで。
また、こちら(京都通信社)でもご注文になれます(バックナンバーも購入可能)。
※社会調査協会では、販売しておりません。
社会調査「専門家」の結集の場に 社会調査士資格認定機構長   細谷 昂
新しい社会調査教育を目指して 初代事務局長   直井 優
特集:厳しい状況下における社会調査
arow
PDFアイコン
1. 社会調査にとって本当の課題はなにか盛山 和夫
2.「世論調査」の問題状況と社会調査士制度 大谷 信介
3.調査倫理と住民基本台帳閲覧問題 長谷川公一
4.継続調査の課題と将来 ―「日本人の国民性」と「意識の国際比較調査」研究からの知見― 吉野 諒三
5.教育政策に果たす調査の役割と社会調査士 藤田 英典
6.大学における調査教育の課題と意義 ―「リサーチ・リテラシー教育」としての可能性― 大屋 幸恵
生活感覚のフィールドワーク ―岐阜県郡上市八幡町の事例研究から― 足立 重和
少年院在院者の発達的問題性と自尊感情・攻撃性との関連 松浦 直己、宇治田直樹、十一 元三
質問文のワーディングおよび選択肢の違いがもたらす回答効果の検討 斉藤 慎一
社会調査の受動的側面とその可能性 ―フィールドワークの記述から― 松井 理恵
個人情報保護に対応する社会調査の技法 ―全国自治体調査から― 俵 希實、田邊 浩、轟 亮
社会調査の課題 ―世論調査の現場から― 松田 映二
調査実習の事例報告
arow
PDFアイコン
社会調査実習」(G科目)の教育効果と課題 天野 正子、岡太 彬訓
東海地区第1回「社会調査インターカレッジ発表会」 藤田 栄史、田中 重好、丹辺 宣彦
働く社会調査士
I.雑誌づくりに生かす社会調査「力」 石田 晴香
II.高等学校での調査教育の実践 大久保 智弘
Column 調査の達人
arow
PDFアイコン
チャールス・ブース―情熱と冷静の間で― 町村 敬志
横山源之助の「近代の視線」 青木 秀男
Column 世界の調査/日本の調査
arow
PDFアイコン
JGSS(日本版総合的社会調査)―開始から10年を経て― 谷岡 一郎
東アジアの社会調査と2005年SSM国際比較調査有田 伸
Column 社会調査のあれこれ
arow
PDFアイコン
臨床社会学と社会調査 大村 英昭
見えざる間違いに眼を向けよう ―隠れたエラーをあぶりだせ― 池田 央
太郎丸博編『フリーターとニートの社会学』 西田 芳正
苅谷剛彦・志水宏吉編『学力の社会学』 西本 裕輝
木村和世『路地裏の社会史』 中筋 直哉